(`・ω・´)

とある発達障害女子大生の日記。

留学の感想③

2週間トロントに留学してきたので、その感想をまとめてます。( ´›ω‹`)

 

今回は私がいったトロント周辺の観光地です。

 

 

トロント市庁舎

f:id:qdt3usa:20180227230926j:plain

f:id:qdt3usa:20180227231004j:plain

 町中に新旧トロント市庁舎があります。旧市庁舎は高い時計台と、歴史あるレンガ造りの建物、新市庁舎はTORONTOのオブジェと近代的なビルからなります。旧市庁舎の中に入れたので入ってみました。

旧市庁舎の中は今は裁判所になっているみたいです。ここに入るときは、荷物検査や金属探知機を通ったり少し怖かったけど、警備員さんはやさしかったです。

中は昔の建物って感じで装飾がすごくきれいでした。昔の建物が多く残っていたり、それをいまでも利用していたりするのは、石でできていて燃えにくく、地震がなくて崩れることがないからかなーっと思いました。

石造りの古い建物ってもう雰囲気がいいよね。そこにスーツの外国人さんが働いてるんだからもう見ててすっげー楽しい。異世界感すごい。

ホッケーの殿堂

f:id:qdt3usa:20180227231133j:plain

 カナダの国技、アイスホッケーの博物館です。歴代の選手のユニフォームや大会のトロフィーを見ることができます。また、アイスホッケーの体験ができるゲームをあって、結構面白いところでした。しかし、展示物の解説が英語なので、私には全然わからなかったです。

ナイアガラの滝

f:id:qdt3usa:20180228022305j:image

f:id:qdt3usa:20180227231523j:plain

 バスで途中休憩しながら3時間くらい。すーっごい大きかったです!

カナダ側から滝を見て、商業施設をぶらぶらしました。50セントでアメリカとの国境を越えられるそうです。国境を歩いて渡るなんて、島国の日本ではできない体験ですね!

商業施設はアトラクションや、蝋人形、お菓子屋さんなどがたくさんありました。ユニバ駅とUSJの間の道みたいな感じです(伝われ)。ワイヤーで滝の上空を滑空するやつもありました。

そしてナイアガラクルー!!

すごい近くまで船で行ったのですが、水量がすごく、カッパを着てもビショビショになりました😓大迫力ですごかった(語彙力ェ…)。

夜はライトアップされます。さらに週末には花火が打ち上がります。終電ギリギリで帰ってだいぶきつかったですが楽しかったです!!!!!!

 

途中休憩したナイアガラレイクもとっても素敵なところなので、お土産はここで買うといいと思います!お勧め!カナダもクリスチャンが多いのか、クリスマスのモニュメントがはちゃめちゃに可愛かった…

 f:id:qdt3usa:20180228124226j:imagef:id:qdt3usa:20180228124341j:image

科学センター

f:id:qdt3usa:20180227232002j:plain

 自分は上野の国立科学博物館が大好きな人間なので、カナダでも近くにあった科学センターに行ってきました。まあ英語の説明は理解できなかったです…。

体験コーナーとかもあって、原理はなんとなくは理解できました。でも英語読めたらもっと楽しいだろうな!!!!勉強しよ!!!!!

博物館、美術館、科学センターなどは、英語の解説が読めた方が絶対楽しいですね。

まあ雰囲気は科博と似てました。好きな人は好きだと思う。あと子供連れも楽しめそう。

 

カーサローマとスぺダイナ博物館

f:id:qdt3usa:20180228022752j:imagef:id:qdt3usa:20180228022841j:imagef:id:qdt3usa:20180228022906j:imagef:id:qdt3usa:20180228022942j:image

 個人的にオススメなのがこのカーサローマ!!!!!!

大富豪ヘンリーペラット卿が個人で作らせた中世ヨーロッパ風のお城。

ほうんとうにすごいすごい面白い場所です!!!!

 

個人が個人のお金を使っているので、とことんこだわって作り込まれています。もしこれが王様だったら、こんな贅沢してるんじゃないって国民に言われると思うんですが、個人なのでこんなに作り込むことができたんじゃないかと思います。当時では最先端の技術を取り入れたり、唐のデザインを取り入れたりと挑戦的でもあり、メイドに部屋を与えご飯を与え、当時では珍しく手厚い福利厚生で雇ったりしていました。

どの部屋を見ても美しいし、床板の並び、天井の模様まで考えられています。

そしてなんと、日本語の音声ガイドが無料で使うことができるんです。

「説明が英語だらけでわかんなーい」がないんですね!!!英語がわからなくても楽しめます。

他の言語もあるので、本当に誰にでもお勧めできる観光地です。ぜひいってほしい。激推し。

 

近くにはスペダイナ博物館もあります。お庭にはいろんな花が咲いてたりぶどうがなってたり。リスとうさぎも見かけました。すごく綺麗で良かったです。

f:id:qdt3usa:20180228022700j:image

 

AGO 

 

 Art Gallery of Ontario。

正直あごって呼んでます。現代美術館って感じです。有名な絵(ゴッホとかぴかそとか)は飾ってないんですけど、すごく前衛的で近代的なアートがたくさん展示してあります。絵や彫刻だけでなく映像や音楽、服とかもありました。

しかもなんと、絵に触れる距離で見れるんです。額にも絵にも彫刻にも触れちゃう(触らないけど)。仕切りも衝立も保護ガラスとかも一切なし。油絵の具の凹凸まで見えます。なんかもう面白い。

私が言ったことある美術館とは違いました。美術館行っても「この絵有名だし、全然わかんないけどすごいんだろうな〜」とか思ってたけど、ここにあるのはよくわかんないけど面白い!って思える。すごい。

ただ入場の際に荷物は預けるので、小さいサブカバン持って行くといいっぽいですね。海外のセキュリティはよくわからないから若干困る。

 

 

 

 

 

はい、いかがだったでしょうか。いつもながら語彙力と文章力がないので読みにくくてすみません。カナダは、都市部は東京みたいにビルばっかりで店もいっぱいあって都会なんですけど、でも自然もいっぱいあって過ごしやすいところだと思いました!観光施設もいっぱいあるし、トロントは比較的治安もいいので旅行には向いてると思います。なかなか簡単に行ける場所ではないですが、もし訪れる機会があれば是非カーサローマだけでも行ってください…(切実)。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました・*・:≡( ε:)