(`・ω・´)

とある発達障害女子大生の日記。

センター試験で配慮を受けた話

こんにちは!ひなです。

私は一応ADHDという発達障害と診断されています。

この障害を疑ったのは高校3年の夏のことでした。

そのときは親になにも言われたくなかったし、「大人になったら診断してもらおうかな〜」という感じでした。そしてある日、センター試験の説明をよんでいたら、「配慮を受けることができる人」の欄に発達障害も載っていることを知りました。

 

正直、歩けないとか字が書けないとか、目が見えない、耳が聞こえないというひとしか受けられないと思っていました。

 

こんな配慮を受けることができると知り、私はおこずかいを握りしめ、1人で精神科に向かいます。

そこで先生に発達障害の診断をいただきました。これは、試験のために診断をもらったのではなく、今まで生きづらさを感じていて発達障害を疑っていたから、試験をきっかけに診断してもらったのです。

そこから親や先生に伝え、センター試験の本部に電話してもらって、診断書を出して、配慮をしていただけることになりました。

 

私は

・試験時間の延長

・拡大した試験問題の提供

・個室での受験

・注意事項の口頭伝達

を希望し、延長以外は受け付けられました。

診断書は本人は見れないのでなんて書いてあったからわかりませんが、試験時間の延長は、本部の判断で却下されました( ˆoˆ )/一番して欲しいとこだったのだが…

 

拡大試験問題はめっちゃ面白かったです。いつもより大きくて見やすい。特に英語や国語は読みやすかったです。普通のサイズも配られるので、ふたつぶんもらえます。

デメリットは、めくりにくいのと、持ち帰りにくい。大きいので、製本の仕方がちょっと違います。めくるたびに折り目つけないといけない感じです。大きさはA3くらいかな?結構大きかったので、カバンと別の手提げを持ってってました。みんなには秘密にしていたので、見つからないよう気をつけてました。

 

先生がサポートしてくれて、ほぼ診断書を出すだけで簡単に配慮を受けられました。部屋が違うことについては、しらを切り通して同級生にも隠せました。人のこと深く気にできるほど余裕ないしね。

 

二次試験でも、ちゃんと受験する大学に問い合わせれば配慮を受けられるようです。先生には勧められたけど、センターを別室で受けてみて、私は周りに人がいないと何していいかわからないタイプだと思ったので、普通に受けました。

 

 

少し障害者への配慮で検索してみたのですが、私みたいに耳聞こえて、文字も鉛筆でかけるし、文章も読めるし、計算もできる人の事例ってあんまりないです。でも、配慮は受けても良いんです。権利があります。おかしいことじゃないです。迷ってる人がいたら、配慮を受けてみてほしいと思います。

 

 

今回私の体験談なのでちょっと曖昧なとこも多いです!

でも、そんなに手間じゃないので、この制度を利用して少しでも発達さんやそのほか配慮の必要な方が、センター試験で力を出し切れるようになると良いな、と思います!

もう今年は申請期間終わったかな??私の時は夏休み明けすぐでした。が、その後に診断してもらったので、過ぎてたけど配慮していただけました。意外と柔軟に対応してくれるようです。

将来に関わる試験なので少しでも受けやすい環境を整えて行ってほしいです!

受験生の皆さん、頑張ってください!!

 

ひな