(`・ω・´)

とある発達障害女子大生の日記。

自分を客観視していたら

自分のことを客観視する癖がありました。

遠くから自分を見るようになって、気づいたら自分が自分の敵になってました。

自分で行動して、自分でその批判する。

過去のこともずっと自分で責め続けてる。

自分の中に自分の敵がいて、気づいたら味方がいなくて、とっても寂しい。

 

ずっと昔は親が味方になってくれた。でも親は私を怒るしなんにも理解してない。だから今は違う。

その次は先生。勉強していうこと聞けば味方でいてくれた。でも好きなことしてたら怒られた。今は敵。

その次は友達。面白いこと言って、毎日笑って、楽しく遊んでた。みんながみんなの味方だった。でも悪口言うし喧嘩するしついていけなくて、気づいたら友達じゃなくなってた。今はほとんどいない。

次は彼氏。好きだ、かわいいって言ってくれて、私に優しくて味方だった。でも、めんどくさいって言われたし、好きって言葉も信用ならない。私の持っているものが目当てなんだと気づいてしまった。私が彼の味方でも、彼は私の味方じゃない。

 

味方がいないと気づいて、とっても寂しくなった。自分がちゃんと自分の味方だったら、もっと自信を持って肯定しながら生きていけると思うんです。

 

自分を客観視して、自分の行動について反省会を開くのはもうやめよう。自分をもっと肯定して、自分の味方になってあげようと思うのでした。

 

ひな🐥