(`・ω・´)

とある発達障害女子大生の日記。

目的と目標(自分メモ)

 

目標を設定する能力は社会でも必要。毎週、毎月、毎年目標を設定し、到達して次のステップに進むことで、目的に向かって進んでいく。成長することが求められる。
目標と目的の違いとして、目標は階段、目的は向かう方向と例えることができる。目的は最終的にたどり着くところ、たどり着けなくてもいい。目標は期限と基準を明確にし、期限内に到達するもの。目標は、①周囲からの期待を加味、②挑戦的かつ現実的、③具体的にわかりやすいものにする。
目標を達成するために行うことが課題、課題をこなす時間配分、内容を決めるのが計画。目標は具体的に。課題はいつまでに何をどうするか、具体的に、現実的に計画立てる。

自発的目標を掲げ、現実的創造により達成、振り返りによる気づき。PDCAサイクル

 

 

人生の目的

楽に楽しく生きる

 

楽をしたいというのは、自分の責任を他人に押し付けることではなく、自分の無駄にエネルギーを消費しているところを減らしたいということ。無駄だと思うところは、「未来の不確定事項に過剰に不安になる」「自分はダメなやつだと責める」など。余裕を持つ。

楽しく生きるというのは、自分の趣味を楽しむこと。他人と交流すること。旅行とか創作とかやりたいことをできたらいいな。

 

今年の目的

大人になる

 

目標

感情的になりすぎない

人をコントロールしようとしない

計画、行動を身につける

率先して動く

責任感を持つ。逃げない。

相手の状況を配慮する。

自分の物差しで測らない。

 課題の内容と時間を具体的に設定する

 

リーダーの目的

後輩、部下を引っ張る

 コミュニケーション

談笑するとかじゃなくて、風通しを良くするイメージ

長期的目線

経験、立場、視点、情報の差を考慮した伝達

相手起点の接し方

 

 

その他メモ

 

パラダイム転換

正解はない

知っていること、わかっていること、できることは違う

必ず目的、成果がある

相手が基準

働くことの魅力、意義を見出している

シャドー、真似っこで成長

ノルマは義務

目標は責任を感じ駆り立てられる

 

気づき。

目標というと達成しないとと思ってプレッシャーとなっていたことが、実は目的で、目的と言うと目指す方向が決まったように感じる。

 

 

センター試験で配慮を受けた話

こんにちは!ひなです。

私はADHDという発達障害があります。

この障害を疑ったのは高校3年の夏のことでした。

それから、「大人になったら診断してもらおうかな〜」という感じでした。そしてある日、センター試験の説明をよんでいたら、配慮を受けることができる人が載っていました。

こういう冊子は隅から隅まで読むタイプなので、どんな人が載ってるのかな〜と見て見たところ…

発達障害も載っていたのです!!!!

 

こんな配慮を受けることができると知り、私はおこずかいを握りしめ、1人で精神科に向かいます。

そこで先生に発達障害の診断をいただきました。これは、試験のために診断をもらったのではなく、今まで生きづらさを感じていて発達障害を疑っていたから、試験をきっかけに診断してもらったのです。

そこから親や先生に伝え、センター試験の本部に電話してもらって、診断書を出して、配慮をしていただけることになりました。

 

私は

・試験時間の延長

・拡大した試験問題の提供

・個室での受験

・注意事項の口頭伝達

を希望し、延長以外は受け付けられました。

診断書は本人は見れないのでなんて書いてあったからわかりませんが、試験時間の延長は、本部の判断で却下されました( ˆoˆ )/一番して欲しいとこだったのだが…

 

拡大試験問題はめっちゃ面白かったです。いつもより大きくて見やすい。特に英語や国語は読みやすかったです。普通のサイズも配られるので、ふたつぶんもらえます。

デメリットは、めくりにくいのと、持ち帰りにくい。大きいので、製本の仕方がちょっと違います。めくるたびに折り目つけないといけない感じです。大きさはA3くらいかな?結構大きかったので、カバンと別の手提げを持ってってました。みんなには秘密にしていたので、見つからないよう気をつけてました。

 

先生がサポートしてくれて、ほぼ診断書を出すだけで簡単に配慮を受けられました。部屋が違うことについては、しらを切り通して同級生にも隠せました。人のこと深く気にできるほど余裕ないしね。

 

二次試験でも、ちゃんと受験する大学に問い合わせれば配慮を受けられるようです。先生には勧められたけど、私は周りに人がいないと何していいかわからないタイプだと思ったので、普通に受けました。

 

 

少し障害者への配慮で検索してみたのですが、私みたいに耳聞こえて、文字も鉛筆でかけるし、文章も読めるし、計算もできる人の事例ってあんまりないです。でも、配慮は受けても良いんです。権利があります。おかしいことじゃないです。迷ってる人がいたら、配慮を受けてみてほしいと思います。

 

 

今回私の体験談なのでちょっと曖昧なとこも多いです!

でも、そんなに手間じゃないので、この制度を利用して少しでも発達さんやそのほか配慮の必要な方が、センター試験で力を出し切れるようになると良いな、と思います!

もう今年は申請期間終わったかな??私の時は夏休み明けすぐでした。が、その後に診断してもらったので、過ぎてたけど配慮していただけました。意外と柔軟に対応してくれるようです。

将来に関わる試験なので少しでも受けやすい環境を整えて行ってほしいです!

受験生の皆さん、頑張ってください!!

 

ひな

日記

今日は午前中は雨の降りそうな曇り、午後は曇りからの晴れ。

最近ずっと過眠で、家にいる時間も図書館にいる時間もずーっと寝てました。

これって低気圧関係あるのかな…よくわかんないけど、日曜からねむねむ。

 

今日は午前は家出れなかった。午後は学校行って病院行って買い物行ってバイト行ってレポートしてる。

午後に元気になったのは晴れたからなのかなーなんて。それともただの偶然とか思いこみかな。気分と天気の関係を記録してみようかなって思ったのでした。

 

あと、今日自分は体を動かすのが好きみたいだということが分かった。あと趣味は楽しいこと探し?趣味というか日課?楽しいことを探していろいろしてる感じがするぜ。

ブログも楽しいかなって初めて見たし、いろいろやってみたいことに挑戦してみようって思った。うふふf

 

買い物したから、今日からまたご飯を作る予定。今までたぶんセルフネグレクトしてた。あんまり自覚なかったけど、ご飯食べてなかったし、いつも遅くまで起きてたし。普通に健康のためにしてるつもりだったけど、自分に合ってないというか縛りすぎというか。ちゃんと食べてちゃんと寝ようね。

今日はあとレポート完成したら寝ます。あした実験だから予習もしないと。がんびゃろろ

 

日記

最近はいろいろ取り組んでいることがあって、とりあえずここにまとめておきます!

もし効果があったりなかったりしたらまたその時にブログを書くので、ネタ帳みたいなものですね(笑)

 

毎日ラジオ体操

今のとこあんまりできてないです。これは夏休みに郵便局いったらラジオ体操カードが置いてあって、「自分で毎日ラジオ体操して自分でスタンプ押したい!」と思ったからです。

調べてみると、ラジオ体操っていろいろな動きが入ってて、肩こりとかにもいいし、ダイエットにもなるみたい。

わたしはテレビ体操を見てるのですが、みんなの体操では毎日違うところの体操をして、効果とか目的もちゃんと解説してくれるのでやる気が出ます。

なんとなくやってた体操だったけど、「これはここを伸ばす」とか「肩だけじゃなくて首も動かす」とか解説きいてやってくとすごい効くようになると思います。

あと動くと血液がちゃんと送られて、あたまが冴える気がします。

ただめんどくさくて続けられてないので、毎日できるようにしたいところ。頑張るマス。

 

健康食品の摂取

もともとは胸を大きくしたくて、豆乳を飲み始めたんです。イソフラボンは女性ホルモンに似ているらしいので、摂りすぎるとホルモンバランスを崩してよくないみたいです。あと豆乳高いし、飲みきれないことが多いので、最近さぼりぎみ…。

次に腸を綺麗にしたくて、乳酸菌をとるようになりました。なんでも、アレルギーは腸を綺麗にすると治るらしいです。ほんとかどうか知りませんが、損はないのでやってみました。ヨーグルトか乳酸菌飲料をお昼に一つ加えることにしてます。

あとは野菜ジュース。友人が、野菜ジュースを飲むと口内炎が一瞬で治る、というので、そんなに栄養満点なら飲んでみようと思った次第です。野菜ジュースって意外とおいしくて飲みやすいんですね。食わず嫌いだったので驚きです。

そして梅干し。高齢だけど元気なおばあちゃんが毎日食べてるってテレビで見て、それから食べるようにしてます。効果はあるのか調べてないし知らないです。はちみつ梅ってやつにしたので、普通にそのまま丸ごと食べてました~めちゃくちゃおいしい。おいしいから続けてます。

次はシリアル。食物繊維とか果物のビタミンとかとれるし、何より保存が楽。冷蔵庫でものを腐らせまくるので、目に見えるとこに常温放置できるのはありがたいです。豆乳ぶっかけて食べれば一度に摂取できます。朝はこれを食べるようにしてます。

 

 マッサージする

血流が悪いのか、冷え症だし肩こりだし太ってます。

そこで毎日マッサージするようにしています。

まず首、背中、鎖骨らへんです。この辺は、スマホやパソコン、勉強するときに下向いたりなんやらで凝っているので、コロコロでほぐすようにしています。このへんは頭痛や頭が重い…ってことにつながると思うので、毎日してできるだけほぐしてます。

つぎはおむねです。おおきくなれ~と暗示をかけながらほぐしたり、脂肪を集めてきたり。ネットでやり方を調べて日々頑張っています…。

次は指と顔。リンパの流れが悪いんだ思いますがすごいふとってるので、毎日マッサージしてます。これもネットで適当に調べてやってます。

 

 

 

こんなもんかなあ。

今日は日記なのでそんな面白いことないかもしれないです。

いつも星付けていただいてうれしいです。ありがとうございます。

少しづつでも生きやすくなりますようにー!!ひな。

先延ばし癖

先延ばし癖のせいでいろいろ失敗しているので、先延ばしをなくしていくための自分メモになります。

 

 

〈ぱきぱき動けるときの気分〉

元気である。楽しい。なにか行動することに積極的である。

かわいい(当社比120%)

過去に自分が手順やきっかけを決めたことである。

自分は行動しづらいことに関して(お風呂、勉強、寝るetc…)は、音楽をかけるなどのアクションで行動しやすくする「きっかけ」を設定しているので、そのきっかけがすぐ出せると取り掛かれる。

 

〈先延ばしするときの気分〉

ねむい。やりたくない。動画やツイッターを見てしまう。ほかのことに目移りする。やることがいくつもあると、優先順位低くてもやりたくなったり、順位高くてもできなかったり。ゲームを開いてしまう。

セルフネグレクトみたいなのがある。(眠いけどねてない、おなかすいたけどたべてない)。

特に動画とツイッター。一つ見終わっても他のにどんどん移って行って、結局ずーっと見続けることに。アンストするか迷い中。

 

〈なおしたらいいと思うこと〉

早寝早起きを徹底する。日付変わる前に寝て、朝は7時か8時に起きる。昼夜逆転は避ける。

起きたらラジオ体操。できればウォーキング。ソシャゲのログボは朝一にとっとけ。

そのまま外行けるくらいには身だしなみを整える。ご飯や睡眠はしっかりとる。

予定を確認する。空いてるとこの予定を立てる。(何時間、何の勉強するとか。)

お風呂はその日のうちに。(きっかけ:プライムビデオ)深夜は寒くなるので早く済ませよう。

勉強は毎日。(きっかけ:ラジオ、音楽)特に英語。

目移りする場合は先にこなしちゃう。したいことからしよう。

準備するとやる気がなくなっちゃうから、準備と実行を別のタスクと認識する。

アプリはまとめて開きにくくしたうえで、開かないように注意する。できなかったらアンスト。

タイマーの使用はあんまりよくなかったけど、何時までって設定するのはいいと思う。

 

 

自分メモなので読みにくかったと思います。すいません。

先延ばししなくなる方法があったら是非教えていただきたいです)^o^(

いままさに課題を先延ばししながらこのページを書いてますwww

なおすのは難しいけど、自分ルールをまとめておくと結構守りやすいのであげておきます。

もう少しましな人間になれますように!!!ひな

セルフコントロール

ADHDみがつらい~のでなんとか自分をうまく動かせないか考えています。

 

やはりコントロールが難しいのは感情ですね。

些細なことで怒って八つ当たりしたり、気分がいいからと他人に絡みすぎたり、死にたくなったり踊りだしたりと、起伏が激しい。

周りを振り回すのはもちろん、自分でも意味わかんなくてしんどいです。その場の気分で行動するせいで後悔することも多いです。そのしんどさを少しづつへらせたらと思います。

 

まずは自分の感情を知ること。こういう時にこういう気持ちになるっていうのを知っておくと全然違います。なんでかわからないけどしんどい時とか、なんか気分がいい時とかあると思いますが、その理由を考えたりします。理由がわかればコントロールしやすいです。できるかは別ですが(笑)

 

次は感情の起伏をおさえること。

失敗したときに、必要以上に落ち込んだり、自分を責めたり、死ぬしかないってならないようにする。これは自分の思考の癖を知って直したり、考え方やとらえ方を変えたりすることでできると思います。

私の場合恥ずかしいことがあると死にたくなります。でも考えすぎる前に忘れることで軽くすることができます。あと恥ずかしいことで死ぬ必要はないってわかれば耐えられます。

 

あとはポーカーフェイスです。怒ってても八つ当たりはしない。いいことがあっても踊りださない。感情は抑えられないかもしれないですが、それを表に出さないようにする。周りにまき散らすのは楽ですが、あとから後悔と死にたさがくるし、嫌われるし、あんまりよいことはないです。でも、感情を抑えるのも反動がでかいので、できるだけ一人になって落ち着く、違うことを考えるなどで我慢しすぎないようにもします。

 

いつまでたっても内面が子供のままで、いつもしんどい。自分だけがしんどい気がしちゃう。そういうところをなおして、まわりを見れる人になりたい!です!がんばります。

留学した感想②

2週間カナダのトロントに語学留学してきたのでその感想を書きます(#^.^#)

《出発編》

・飛行機

国際線に乗りなれてる学生さんは少ないと思います。特に私は乗り継ぎ(トランジット)があって、かなり混乱しました。飛行機に乗り遅れたら一大事ですから、事前にシミュレーションしておくといいです ^^) 

乗り継ぎでは、何分かかるのか、預けた荷物は乗り継ぎ空港で受け取るのか、どのターミナルに着いてどのターミナルから出発するのかを調べておくといいです。入国審査ではホストファミリーの住所を聞かれたので、用意しておくといいです。

私は 成田→シカゴ→トロント と乗り継いでいったのですが、米国で一度荷物を受け取り、入国審査と税関を通り、再度荷物を預け、保安検査を受け、やっと乗ることができました。乗り継ぎにかかった時間はだいたい90分です。

 

・空港到着

ベネッセからは空港にスタッフがいるので声をかけてくださいと言われました。が、空港には他の会社のスタッフやホストファミリーが多く、なかなか見つけられませんでした。というかスタッフが違うターミナルにいて、3時間以上待たされました。

その時に思ったことは、「まったく意思疎通できない!」。3時間どうしたらいいかわからなかったです。5回ほどサポートセンターに連絡したのですが、電話に出た姉ちゃんブチ切れてました。なんやかんやあって会えたのですが、初日から心折れそうでした。

 

・ホストファミリー

スタッフの車に乗ってホストファミリーの家に行きました。ホストファミリーはほんと運によりますが、私のとこは基本勝手にしていい感じでした。ご飯も風呂も好きな時にしておっけーで、外食したり帰りが遅くなっても連絡すればおっけーでした。

友人は日の当たらない地下室でご飯が少量だったらしい

 

・学校

向こうでは、ELS(english lunguage school)に通いました。一か月ごとにテストがあって、合格したら上のクラスに上がることができます。長期間居た方がいいと思います。

感想として、同じ国の人で固まっちゃうことが多いから、積極的にいろんな国の人と仲良くなった方がいいと思います。外国の方は、みんな普通に英語しゃべります。伝えたいことをちゃんと英語にして言えます。すごいなあ

私はペーパーテストは99点でしたがぜんぜん喋れなかったです(´-ω-`)

 

次回はトロントの観光地についてです

最後まで読んでいただきありがとうございました。ひなでした(・⊝・)