(○'ω'○)

とある発達障害女子大生の日記。

留学した感想②

2週間カナダのトロントに語学留学してきたのでその感想を書きます(#^.^#)

《出発編》

・飛行機

国際線に乗りなれてる学生さんは少ないと思います。特に私は乗り継ぎ(トランジット)があって、かなり混乱しました。飛行機に乗り遅れたら一大事ですから、事前にシミュレーションしておくといいです ^^) 

乗り継ぎでは、何分かかるのか、預けた荷物は乗り継ぎ空港で受け取るのか、どのターミナルに着いてどのターミナルから出発するのかを調べておくといいです。入国審査ではホストファミリーの住所を聞かれたので、用意しておくといいです。

私は 成田→シカゴ→トロント と乗り継いでいったのですが、米国で一度荷物を受け取り、入国審査と税関を通り、再度荷物を預け、保安検査を受け、やっと乗ることができました。乗り継ぎにかかった時間はだいたい90分です。

 

・空港到着

ベネッセからは空港にスタッフがいるので声をかけてくださいと言われました。が、空港には他の会社のスタッフやホストファミリーが多く、なかなか見つけられませんでした。というかスタッフが違うターミナルにいて、3時間以上待たされました。

その時に思ったことは、「まったく意思疎通できない!」。3時間どうしたらいいかわからなかったです。5回ほどサポートセンターに連絡したのですが、電話に出た姉ちゃんブチ切れてました。なんやかんやあって会えたのですが、初日から心折れそうでした。

 

・ホストファミリー

スタッフの車に乗ってホストファミリーの家に行きました。ホストファミリーはほんと運によりますが、私のとこは基本勝手にしていい感じでした。ご飯も風呂も好きな時にしておっけーで、外食したり帰りが遅くなっても連絡すればおっけーでした。

友人は日の当たらない地下室でご飯が少量だったらしい

 

・学校

向こうでは、ELS(english lunguage school)に通いました。一か月ごとにテストがあって、合格したら上のクラスに上がることができます。長期間居た方がいいと思います。

感想として、同じ国の人で固まっちゃうことが多いから、積極的にいろんな国の人と仲良くなった方がいいと思います。外国の方は、みんな普通に英語しゃべります。伝えたいことをちゃんと英語にして言えます。すごいなあ

私はペーパーテストは99点でしたがぜんぜん喋れなかったです(´-ω-`)

 

次回はトロントの観光地についてです

最後まで読んでいただきありがとうございました。ひなでした(・⊝・)

 

留学した感想

2017/8/27~2017/9/10

カナダのトロントに留学して来ました。🇨🇦

今回は留学の個人的な感想をまとめておきます。

 

《留学前》

今回参加したのは、ベネッセを通じてELSに通うコース。ホームステイ。期間は2週間から1年まで自分で選べる、渡航日も自分で候補の中から選べる(日曜日に渡り土曜日に戻る形)。ELSでは授業が午前中だけのコースと午後までのコースがあり、その後アクティビティがある。

  • 留学プランを決める

 まずはどの国のどこにいくかを決めます。今回はアメリカ、カナダ、オーストラリア、マレーシアのうちから選ぶ形でした。アメリカの方が値段が高く、マレーシアは安いです。私は値段と観光と治安を考えてカナダのトロントに決定しました。トロントの夏は日本と違い涼しく、避暑地としてもよいとこでした\( ˆoˆ )/

次に期間を決めます。料金表に渡航日と帰国日が書いてあるので適当に決めます。料金には飛行機代は含まれてないので、安い飛行機を確保できる時期がよいと言われました。  

次は午後の授業を取るかどうかです。英語の勉強頑張るって人は午後取ると思いますが、期間が短い場合は午前だけをおすすめします。めちゃくちゃ観光しまくってめっちゃ楽しいし、一ヶ月で英語できるようになるとは思えない。日本人は授業取るより外国人の友達作ってたくさん喋った方がいいとおもいます。

 

  • 申し込み

申し込み用紙を書いて送る。前金を振り込む。これだけで申し込みは完了です。

 

申し込み後にすることは、残りの金額を振り込むこと、飛行機を取ってその情報をベネッセに伝えること、荷物を詰めること、ビザなどを取得すること、現地について調べておくこと。特に現地の気候や気温は知っておいた方がいいと思います。トロントは日本が30度の蒸し暑い時に、23度くらいの乾燥した気候でした。持っていった服では寒く、トロントでトレーナーを買いました(^^;  

飛行機予約とビザ等の取得は、ベネッセに代行もできます(別途料金がかかります)。ネットで検索すればやり方を日本語で紹介してる人もいますので、自分でしてみるのもよいと思います。ポンコツな私でも自分でできましたよ\( ˆoˆ )/

 あと出発日前に書類が届くのですが、実家を出ている方には「書類送付時、実家と下宿どちらにいるか」をきちんと電話で確認してくれました。私は「実家に帰ったら書類を受け取れない」と思っていたので、確認してくれるのはとても素晴らしいと思いました。

 

 

続きは次回!自分用めもとしてかいたので読みにくかったと思いますが、読んで下さってありがとうございました!!!(*^▽^*)ひなでした。

自分を客観視していたら

自分のことを客観視する癖がありました。

遠くから自分を見るようになって、気づいたら自分が自分の敵になってました。

自分で行動して、自分でその批判する。

過去のこともずっと自分で責め続けてる。

自分の中に自分の敵がいて、気づいたら味方がいなくて、とっても寂しい。

 

ずっと昔は親が味方になってくれた。でも親は私を怒るしなんにも理解してない。だから今は違う。

その次は先生。勉強していうこと聞けば味方でいてくれた。でも好きなことしてたら怒られた。今は敵。

その次は友達。面白いこと言って、毎日笑って、楽しく遊んでた。みんながみんなの味方だった。でも悪口言うし喧嘩するしついていけなくて、気づいたら友達じゃなくなってた。今はほとんどいない。

次は彼氏。好きだ、かわいいって言ってくれて、私に優しくて味方だった。でも、めんどくさいって言われたし、好きって言葉も信用ならない。私の持っているものが目当てなんだと気づいてしまった。私が彼の味方でも、彼は私の味方じゃない。

 

味方がいないと気づいて、とっても寂しくなった。自分がちゃんと自分の味方だったら、もっと自信を持って肯定しながら生きていけると思うんです。

 

自分を客観視して、自分の行動について反省会を開くのはもうやめよう。自分をもっと肯定して、自分の味方になってあげようと思うのでした。

 

ひな🐥

iPadくんを買いました

もう一ヶ月以上前になるけど、新型iPadを買いました。

新しいやつ。たしか3/25から予約開始とかのやつ。

もともとAirを買うつもりで注文したんですけど、発注する前に新型iPadが発表されて、新型の方が安かったのでそっちにしました。

 私はADHDという発達障害なんですけど、本当にダメダメな人間です。記憶力はないし、注意散漫だし、勉強できるけど社会で生きていけなさそうって感じです。

自前の容量が足りてないなら、外付けハードで対応だ!!ってことで、今はiPadに全てを託しています。iPadを買うまで16Gのスマホに託していたのですが、さすがに容量が足りず補いきれていませんでした。

4万円の力でお悩み解決!やはりお金の力って偉大だなと思いました。おかげで今は快適に過ごせていると思います。 

具体的にしていることはアプリ入れてるだけなので、iPadじゃなくてアンドロイドのタブレットでもなんでもいいんです。でもiPadってかっこいいじゃん。それだけの理由で買いました。

 

使ってみた感想。

大きさは9・7インチ。A5の紙より少し大きいくらい?教科書やノートより小さく薄いので、学校に持っていきやすいです。お出かけで持ち歩くのは少しかさばるかも。ピクチャインピクチャで、アマゾンプライムビデオを見ながら他のアプリを開くことができます。また、サファリとメモを並べたりも出来て、大画面を生かして並行作業できる仕様があります。便利。

ホームボタンは物理キーでイヤホンジャックもあります。Airの方が画面が綺麗らしいけど、私は別にこれで十分だなって思いました。

スピーカーが下側にしか付いていないので、横画面にすると「右からしか音しない😩」みたいなことになります。 慣れたら気にならない。あと、新しいのでケースが少ない。ProやAirよりも厚みがあるので流用できず、種類は少ないです。

そんなところかな。結構満足してます。

 

活用

私は、簡易パソコンとしてiPadを使っています。ノーパソ重いし、動作も重いし、開くのめんどくさい。めんどくさいと、後回しにする。後回しにして 、忘れて、結果大変なことになる。今まで何回も経験してきたことです。めんどくさいを倒すのは大事。

iPadは、touch IDで簡単に開く、持ち運びも楽で好きな時に使える。素晴らしいです。スマホとノーパソを合わせたみたいなハイスペックさ。スマホゲーをしたり、Wordや家計簿になったり、もうiPadなしでは生きられません…(^。^)

それでは私がやってよかったと思うことを紹介していきます!

①自分マニュアル

状況を細かく分けて、その状況において、どのように動くのが最適かをメモに書きます。

例えば私はよく遅刻をしていました。そこで、朝何時に起きて何をする。何曜日は何限だから何時に化粧。雨だったらバスはこの時間。バイトがある日は準備を持ってく。

とにかく状況を細かく分けて、それぞれに明確な時刻を決めます。けっこう良いよ。( ✌︎'ω')✌︎

②家計簿

家計簿のアプリ入れて、一日の予算決めて、いくら使ったか記録してます。意外とお金使ってんなって気づきました。パソコンはめんどくさくて開かないけどiPadは毎日開くから、毎日家計簿をつけることができています。☆〜(ゝ。∂)

③リマインダー

短期記憶が本当にできないからね!!!リマインダーないと死にます!!!

宿題とかしたいことなど、本当にちょっとしたことでも、即リマインダーに入れる。本当に、自分の頭をあてにしちゃいけない。すーーーぐに忘れるからね。必須アプリです。

 

iPadすごい

私の記事では魅力が伝わらないかもしれないけど、自分的にはテレビよりも買ってよかったなって思えるものでした。ほんと良いです。あっぷるさんありがとう。最近はタブレットで授業とかも始まってるし、できないことが減って、みんなのできることがどんどん増えていけばいいなと思います。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました(*⁰▿⁰*)

 

 

目標とか将来したいことを考えた。

お久しぶりです。ひなです。🐤

 

早速自分語りですが、私は劣等感が強く、自分に自信がありません。何もできない自分が許せません。自分のことをすごく嫌いだし、死んだほうがいいっておもってる。でも、そんな風に生きるのもしんどいし、自信を持って生きたいなあと思うのである。

 

そこでいろいろ掘り下げて考えてみた。なぜ自信がないのか?自信がある人と何が違うか?どうしたら自信を持てるか?どうしたら生きやすくなるんだー!!!!

結局自分は、なんでも自分でミスなくこなせないと満足できないようです。頼ることが苦手だし、完璧じゃないと出来ないのと一緒みたいなとこある。

つまり、自分に対するハードルがとっても高い。どこまであるかわからないくらい高い。まぁこれは親が私に求めることのハードルが高かったからだと思うんです。でも、もう親と離れて自立している。せっかく離れたのにまだ親に縛られてるなんて馬鹿らしいから、このハードルを意識的に低くしていきたい。

でも、性格や考え方って、そんな簡単に変わらないもんですよね_(┐「ε:)_なので、出来ることを増やして自信をつけるのも並行していきたい。ここでやっとタイトル「目標とか将来したいこと考えた」。

 

  • アトピー治す
  • 可愛くなる
  • 資格とる
  • 稗瘤種なくす
  • 脱毛
  • ランニング
  • 筋トレ
  • 早寝早起き

 

とりあえずこんなもの!

お金貯めて頑張るぞい!

 

今回は自己分析のまとめと、やりたいことのメモってだけの内容でした。つまらない内容でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。生きづらい世の中だけど、どうせ生きてるなら楽しく過ごしたい!もがいて生きていきます。ひなでした(*´◒`*)

アトピー改善の道

こんにちはー!ひなです🐤

今回は、私が生まれてからずっと付き合っている、アトピー体質について書いていきます。

アトピーは「奇妙なこと」「異常」を意味するギリシャ語が語源で、簡単にいうと「生まれつきアレルギーの出やすい免疫の人」だと思います。

私は軽度なのか、あまり食べ物にはアレルギーは出ていませんが、アレルギー性鼻炎、花粉症、ハウスダスト・カビのアレルギー、アトピー性皮膚炎がでています。

その中でもアトピー性皮膚炎は、人の印象を決める「見た目」を醜くしてしまうとてもつらい病気だと思います。私は顔・首にひどく症状が出ていて、小学校から高校まで人に嫌われたり、人と接することが怖くなったり、「コミュニケーション能力」にも影響が出ています。

小学校のときに、「ひなちゃんと遊ぶと病気がうつるから一緒に遊んじゃダメって親に言われたの」と言われたことがありました。アトピーはアレルギー疾患なのでうつらないのですが、皮膚の病気というだけで直接でも間接でも触れることに抵抗がある人は多かったです。

高校生になっても改善せず、主治医に「一生治らないかもね」と言われたのですが、大学進学で地方に引っ越し一人暮らしをしたことで改善したので、気づいたことを書いていきます。

 

1.風呂は毎日入る

これはむしろ、毎日入ってない人のほうが少ないかもしれません。でも、私の実家では「洗いすぎはよくない」と毎日は入っていませんでした。(夏場はあせもにならないよう毎日シャワーを浴びていました。)ですが、絶対毎日入った方がいいです。毎日きちんと汚れやアレルゲン、塗り薬を除くのは大切なことだと実感しました。

お風呂に関してはポイントが3つあります。

1つ目は、「熱いお湯を浴びないこと」。アトピーさんはきっと熱いお湯が大好きだと思います。正直、42℃くらいのシャワーを浴びるのはすごい気持ちいいです。ですが、熱いというのは「刺激」です。「刺激」はかゆみを引き起こしたり、肌を敏感にしてしまいます。お湯の温度は37℃~39℃にしましょう。私はお湯の温度を下げただけで、お風呂上がりのかゆみ、就寝前のかゆみが劇的に減りました。

2つ目は、「固形石鹸を使うこと」。これは主治医に言われたのですが、固形石鹸の方が洗浄力が低く、余分な油分のみを洗い流してくれるからよいのだそうです。私が乾燥肌向けの液体せっけんを使ったところ、保湿成分と思われるぬるぬるが残って嫌だったり、それを落とすためにごしごしして余計に乾燥してしまったりしました。アトピーさんは塗り薬があると思うので、保湿成分の入ってない、汚れを落とすだけの石鹸が良いと思います。その中で、固形石鹸は刺激が少なく、油分を落としてくれるのでとても優秀です。

3つ目は、言わずもがな「入浴後の保湿をすること」。私の場合は、服を着るよりも保湿!と顔に薬を塗って、それでも翌日はカサカサの粉吹きいも状態でした。これは、風呂上がりにかゆくなって身体を掻いてしまい、せっかく塗った薬が剥げてしまったからだとおもいます。よって、保湿後は触らないというのも大切だと思います。

 

2.砂糖、スナック菓子は食べない

甘味料には2種類あって、すぐに血糖値が上がるものと、ゆっくりと血糖値を上げていくものに分けられます。前者の甘味の摂取は控えましょう。前者の例である上白糖やチョコは、すぐ吸収されて急激に血糖値を上げます。すると体は血糖値を下げようとし、ホルモンを放出します。するとかゆみが増幅されてしまいます。後者の甘味料としては、三温糖・黒糖・キビ糖など、茶色いものが当てはまります。

また、アトピーは腸内環境を整えることで改善するといわれています。体内最大の免疫器官が腸だからです。そこでスナック菓子や肉は控えて、玄米に野菜、お魚をよく噛んで食べるのが良いです。白米を玄米に変えるだけでも効果があります。アトピーさんは便秘だったりしませんか?まずは体内から綺麗にして、綺麗な肌を手に入れましょう。

 

3.ストレスを減らす

私は一人暮らしをすることができて、息苦しい生活から抜け出し、アトピー以外にも様々な症状から抜け出しました。改めて、ストレスって怖いなあと思います。

 

とりあえずこれくらいです(#^.^#)また何かあれば追記します。

私もまだ完治したわけではなく、まだまだ闘病頑張っていきますので、何かおすすめの療法があったらコメントください~

お金が溜まったら牌粒腫を切除したい(´・ω・`)

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!

鼻  読んだ

こんにっちはー!ひなです🐤 前回からとても間が空いてしまいました。一か月以内に書くことを目標にしたい\(^o^)/
今日は芥川龍之介さんの「鼻」を読みました。5分くらいで読めちゃうのでちょっとした暇つぶしに読んでみてください。

あらすじは、鼻が長くて自尊心の低い内供が鼻を短くしたところ、周りに馬鹿にされて、鼻が長いままの方が良かったって思う話です。

禿の人に「禿げてますね」とは言えないけど、ある日突然ふさふさになったら笑っちゃいますよね。そんなふうに笑われるなら、ハゲの方がいいってこともあるのだと思います。わたしはあまり共感できませんでした。

一番のポイントは、人間は二つの矛盾する気持ちを持っていて、「他人の不幸に同情する気持ち」と「その不幸を切り抜けると少し物足りないような、もう一度不幸に陥れたくなるような気持ち」があるという点です。私はこの後者の気持ちに共感できませんでした。不幸な人には幸せになってほしいし、幸せになったら私までうれしくなります。この話を読んだ時も、「鼻が短くなってよかったな」と思ったところ、周りの人に笑われていて理解できませんでした。また、そのあとに内供が”鼻が短いのを恨めしく思った”ことも理解できませんでした。

このことについて、内供のことを自分より高尚な存在だと認識していないのではないかと思います。内供は哀れな人、変な顔の人、自尊心の低い人。自分より劣位の人に対して人間は憐れみを感じます。だから鼻が長いことも、鼻を短くして笑われたことも、私は憐れみ同情したのだと思います。これがもし、高校のクラスで顔面偏差値が自分より低いと思っていた人が、久々に会って整形で私よりきれいになっていたら、私は「整形なんて」と笑うかもしれません。
それとも、ペンギンが空を飛ぼうと羽ばたいてるのを笑う感覚に似ているのでしょうか。

なかなか、私には共感しにくいお話でした。でも確かにそういうこともあるかもしれない。私はそう思わなくても、周りはそう思うかもしれない。という風に人間の気持ちについて考えることができました。私の納得できるたとえを探してみます。